賢祥堂美術PRESENTS 【STRONG STYLE HISTORY】 ストロングスタイルヒストリー ~Go for Broke! Forever~

2016年12月2日 大阪・城東区民ホールであの上井文彦が8年振りに大会をプロデュース。大会名はSTRONG STYLE HISTORY~Go for Broke!Forever~ 大会ラストのマサ斎藤激励会で奇跡が起きまさに神がかり的な大会となった。第3弾は2017年9月22日開催決定!

スコット"フラッシュ"ノートン

スコット・ノートン選手〜恐らく、新日本プロレスに来日した選手の中で一番気心の知れた選手だったと思います。現に私が新日を退団したあとも、後楽園ホールの試合に出場してくれたり、ハワイアン・ライオン選手を紹介したりしてもらってました。
f:id:strongstylehistory:20170803184510j:plain
f:id:strongstylehistory:20170804130754j:plain
実は12月2日の大会を開催しましたが、当初に招聘する外人選手は『 スコット・ノートン 』選手だと、心の中で決めていてそのつもりで居たのですが、彼のFacebookの記事に私が交渉する前に『 I shall return ! ! 』という記事がアップされ、来日を匂わせたのです。

ですから、どこか日本の団体が声を掛けたんだなぁ!って思い( 実際は1月4日の新日本プロレスのドーム大会への来日でした!)電話連絡さえ断念した経緯が在るのです。

その替わりに、12月2日の大会に華を添えてくれたのが、初代ブラックタイガーの『 マーク・ロコ 』選手だったんです。

私のプロデュースする『 STRONG STYLE HISTORY 』は『 マサ斎藤 』さんとは切っても切れぬ仲!ノートン選手は、そのマサさんの肝入りで来日を果たし、メキメキと新日本プロレスで図核を現した選手なのです。
f:id:strongstylehistory:20170803184614j:plain

彼との一番の思い出は、会社の指示で彼のギャランティを半額にする事!〜そしてその交渉を自分がする事だったのです。

あれは浜松の試合会場だったと思います。タイガー服部さんの通訳で、ギャラダウンの交渉をする事となったのです。ギャラダウン〜簡単に言いますが《 半額 》ですからね!それは《クビ 》の宣告をするくらいに厳しい通告だったのです。会社もそれくらいの気持ちでいたのは解っていた上での交渉でした。

普段は陽気なノートン選手も、さすがにその時は青ざめ塞ぎ込んでしまいました。最初はやはり真っ赤になって怒りの表情でしたが、会社の強い気持ちも察したのか?話が経過するに従って寂しそうに表情も変化していったのです。

その時に、会社から全権を任された自分は当初からひとつのアイデアがあったので、一通り話したあとに、その提案を彼に伝えました。

その提案を彼が快く引き受けてくれて、ギャラの半額ダウンの交渉を成立、納得させてのです。裏ワザと言える大したモノでは無いのですが、彼のプライドを傷付けない最低限のアイデアでした。

それ以来、ノートン選手との距離感が縮まって、奥さんと同伴で来日した時も、奥さんのTammyさんがネクタイをプレゼント( 今でも気に入って使っています )してくれたりしました。
f:id:strongstylehistory:20170803184650j:plain

そんな事でしたから、自分が12月2日の大会を公表したら、直ぐにTammyさんが友達申請してくれて、ノートン選手も直ぐに申請が来ました。

彼にはいつかは声を掛けよう!と、ずっと思っていました。1月4日の来日時も、西村修選手が気を遣ってくれて、試合後の会食事に自分に電話をしてくれて、ノートン夫妻と話をさせてもらいました。

そして今回の来日前から、Facebookのメッセージのやりとりをしていて、たまたま自分のトークイベントと、ノートンさんの試合の日程が重なったので、23日に約束して久しぶりの再会を果たしました。
f:id:strongstylehistory:20170803184546j:plain

当然、私は英語は不得手ですから通訳の方も一緒です。ご機嫌な話ばかりでした。そして、最後に別れる時のお互いの挨拶が〜

『 See You ! ! September ! 』

解ってもらえますか?彼と9月に再び日本で会う約束をしました。

大阪や、関西・四国のノートンファンの皆さん!お待たせしました。

彼は9月22日に来日します。

大仕掛けはこれからです!!期待して下さい!

《賢祥堂美術presents》
STRONG STYLE HISTORY vol.3

9月22日(金)
OPEN 18:00
START 18:30
城東 KADO-YA がもよんホール
(城東区民センター内ホール)

入場料金
S席 10000円
A席 7000円
B席 5000円

チケットぴあ
http://md-ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1736933&rlsCd=001&lotRlsCd=

問い合わせ
ssh.udn@gmail.com