読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢祥堂美術PRESENTS 【STRONG STYLE HISTORY】 ストロングスタイルヒストリー ~Go for Broke! Forever~

2016年12月2日 大阪・城東区民ホールで開催。上井文彦が8年振りに大会をプロデュース。大会名はSTRONG STYLE HISTORY~Go for Broke!Forever~ マサ斎藤、初代タイガーマスク、初代ブラックタイガー、新間寿、垣原賢人など豪華なメンバーが集結する。

STRONG STYLE HISTORY vol.2 最新情報

今回は、第2回目の『 STRONG STYLE HISTORY 』についての、最初のお知らせをしたいと思います。

既にマッチメークについては、大枠のモノを決めていて、出場選手の確認作業に入りました。

チケットの発売は2月1日からですが、その日から、前回と同様に、一試合一試合の対戦カードを発表していきたいと思っています。


今日のお知らせは、前回大会の参加選手以外で、真っ先に出場が決定した選手をご紹介致します。

UWF戦士であり、総合格闘技道場『 ライルーツ コナン 』の元主宰である『 森泰樹 』選手の一番弟子で、前回大会では森泰樹選手のセコンドを務めていた『 池本誠知 』選手です。

f:id:strongstylehistory:20170114104323j:plain

池本選手の経歴と現況は、別記にしてこの文章の終わりに詳しくお知らせしますので、皆さん是非ともご覧になって頂きたいと思います。

総合格闘技界では、名の馳せた方なので、敬意を以って、相当に手強い対戦相手を探して来たいと思っております。

ご期待下さい!



STYLEブランドヒストリー

1975年8月24日、大阪生まれ
14歳の時にプロレスラーを目指して、自己流でトレーニングを始めました。
17歳の時にライルーツコナンに入門し、森泰樹(師匠)から格闘技を学びました。
23歳の時にアマチュア大会で全国を制して、修斗のリングでプロデビューして、27歳よりDEEPのリングに戦場を移しました。
30歳になる時には、ファイトスタイルからスピードマスターの異名を持ち大阪で一番お客を呼べる選手として大会のメインで試合をすることが多くなりましたが、格闘技のランキングでは、上にあがる中で、実情は、アルバイトをしながら厳しい生活を送ってました。
そんな厳しい時に、スポンサーが見つかり格闘技に集中出来る環境が出来たものの僅か6ヶ月でスポンサーの会社が倒産。
また厳しい生活に逆戻りしました‼︎
そんな時に、仲間に手伝ってもらいながら、32歳の時に総合格闘技スタジオSTYLEを立ち上げました‼︎
そして1年後に念願のDEEPウェルター級チャンピオンになりました。
ベルトを取ったことで、支えてくれた仲間や応援してくれた周りのみんなに恩返しが出来た喜びは今でも忘れません。PRIDEやK-1、DREAMなど大舞台にも上がるに連れてジムも盛り上がりをみせていきました‼︎
そして、ラストチャンスで階級を下げて2階級制覇を狙うも、大事な試合で負けたのをきっかけに引退を決意。
引退試合は、格上の長南亮選手を使命し撃沈するも、その経験が後の経営者としての自分のスピリットとして活きています。
37歳で14年間のプロ格闘家生活に幕を閉じました。
プロ格闘家の時にアルバイトをしながら格闘技に打ち込んだり、引退後に思うような職につけない選手やジム生を間近で見てる中で、格闘家のセカンドキャリアをサポートしたいと思うようになりました‼︎
格闘家が、引退したあと自らが競技で経験してきた身体作り、減量(ダイエット)法、メンタル、格闘技の素晴らしさなどを一般の方にキックボクシングのパーソナルトレーニングを通じた事業を広めていくことで、格闘家の雇用に繋がり、格闘家が引退後も胸を張って輝いてやりがいのある仕事が出来る未来を作りたいと思っています。
今では、STYLEは、フランチャイズ含め7店舗のグループになり、MMAファイター、キックボクサー、プロボクサー、プロレスラー、アスリートがトレーナーとしてキックボクシングパーソナル専門店を展開してくれてます。近い将来、キックボクシングパーソナルジムが地域に一つあり、一つのフィットネスのカテゴリーとして世の中に認識されるようにするのが自身の使命だと思ってます。
自分は、格闘技人生で学んだ何事にもチャレンジして乗り越えてきた経験で、選手が引退後に、夢や輝かしい未来を描けるような存在になりたいという思いが、原動力になっています。
これからもSTYLEの事業を通じて、格闘技界への恩返しをしていきたいと強く想います‼︎

総合格闘技スタジオSTYLE所属
代表 池本誠知の主な経歴 第3代DEEPウエルター級チャンピオン K-1、PRIDEなどのリングで活躍した後、2013年4月引退。 浪速のスピードマスターの異名を持つ